Wednesday, July 05, 2006

βカロテンの効能

βカロテンは細胞膜の損傷を防ぐ働きをする。

βカロテンは、胃ガンや肺ガンに対する予防効果が注目されていたが、
その効果を否定する臨床試験の結果がでた。
人体の脂肪組織に蓄えられ、肝臓や小腸の粘膜の中で、必要な時にβ-カロテンが2分子に分かれビタミンAになるため、プロビタミンAとも呼ばれる。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home